オリコの過払い金請求は自分でやれ!失敗しないための注意点まとめ

オリコの過払い金請求は自分でやれ!失敗しないための注意点まとめ

オリコでカードキャッシングをしたことがありませんか?カードキャッシングした経験がある人は過払い金が発生している可能性があります。オリコカード以外にもオートバックスカード、コジマカード、オートウェーブカードなどもオリコカードの系列になります。過払い金請求は自分でできます。ここではオリコに過払い金請求するときの注意点についてご紹介します。

オリコとは

オリコは正式にはオリエントコーポレーションで、かつてオリエントファイナンスという社名でした。クレジット事業とオートローン事業を主な事業とする大手信販会社で、オートローンのシェアは業界でトップクラスです。オリエントコーポレーションにはオリコカードだけでなく、提携カードであるオートバックスカード、コジマカード、オートウェーブカードなどのクレジットカードがあります。

オリコの最近の経営状況

一時期は経営状況に不安があるといわれていたオリコですが、近年ではCMも再開するなど、経営状況は安定してきています。オリコは筆頭株主のみずほフィナンシャルグループが株式を40%程度保有しています。銀行系の資金が多く入っているのですぐに倒産する危険はないと言っていいでしょう。

オリコの過払い金請求の対象期間と当時の金利は?

オリコは2007年4月に金利を引き下げましたが、それまでは27.6%の金利で貸し出していました。カードキャッシングとしては高い金利ですので、2007年以前に借り入れをしている人には過払い金が発生している可能性があります。

また、2007年4月以降に新規で借り入れした場合は引き下げ後の金利が適用されていますが、それ以前より取引があった場合は高いままの金利で貸し出されている場合もあるようです。長期間取引をしていた場合は過払い金が多く発生している可能性があります。

オリコから過払い金が返還されるまでの期間の目安

裁判(訴訟)を起こさず、話し合いにより和解した場合

話し合いにより和解した場合でも半年程度かかることがあります。裁判を起こさずに話し合いで和解した場合、和解するまではそこまで時間はかかりませんが、入金に9ヶ月を指定してくるなど解決後に時間がかかる傾向にあります。オリコから過払い金が返還されるまでに半年以上かかることもあるので、返ってきた過払い金で他社から借りている借金を返そうとしている場合は注意が必要です。

裁判(訴訟)を起こした場合

和解が成立せず、訴訟を起こした場合は裁判の期間があるのでもう少し長くなります。司法書士や弁護士などの専門家に依頼すれば和解の時点で十分な過払い金を取り戻せることも多いため、満額回収にこだわらなければ裁判に移行することは比較的少ないと言われています。裁判に移行した場合でも争う金額が多くなければ訴訟も1回期日後に和解できることも多いようです。

金額が多くなると3回ほど争うことになる場合がありますが、長くても1年程度で取り戻せる場合がほとんどです。満額を返金してもらえる場合は入金の期日が遅くなる場合がありますので注意が必要です。

オリコの過払い金請求の回収率の目安

裁判(訴訟)を起こさず、話し合いにより和解した場合

裁判を起こさずに話し合いで和解した場合は50%~70%程度が限度と言われています。これは自分で過払い金請求をした場合です。司法書士や弁護士などの専門家を通した場合はさらに回収率は高くなる傾向にあり、最大で90%程度回収できます。専門家に依頼する場合に比べて回収率は下がる可能性は大きいですが、自分で過払い金請求しても比較的高い回収率が望める貸金業者と言えます。

裁判(訴訟)を起こした場合

和解が成立せず、訴訟を起こした場合は話し合いにより和解するより、さらに高い回収率が望めます。司法書士や弁護士に依頼すれば90%~100%の回収率となっており、満額に近い過払い金の回収が可能な場合も。個人で過払い金請求をした場合も、回収率は50%~100%です。幅はありますが、個人で過払い金請求しても満額に近い金額を取り戻すことが可能な貸金業者です。

オリコの過払い金請求を個人でやった場合に多い傾向や特徴

オリエントコーポレーションが主張してくる有名な争点として、「カードキャッシングの支払方法が違うと一連計算できない」という主張があります。具体的にはカードキャッシングで支払いの方法がリボ払いか回数指定かを決められる際に、リボ払いにした場合と回数指定(たとえば一回払い)した場合ではそれぞれ性質が異なるので、過払い金を別々に計算すべきという内容です。

一連計算した方が取り戻せる過払い金は多くなる傾向にあります。最高裁の判断は出ていませんが、一連計算できるとの主張は高裁で認められています。この争点については難しいので、一度司法書士や弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

オリコに過払い金請求する場合の注意点

オリエントコーポレーションは幅広い事業展開をしており、自動車のオートローンやみずほ銀行債務保証があります。過払い金請求すると今後過払い金請求した貸金業者から借り入れができなくなる可能性もありますが、オリコの場合は関連事業があるため注意が必要です。関連事業に影響が出ないようにするためには請求手続きの際にカードのみの過払い金請求であることをわかるように請求する必要があります。

オリコの会社概要

株式会社オリエントコーポレーション (英訳名:Orient Corporation) 本社所在地 〒102-8503 東京都千代田区麹町5丁目2番地1 電話番号  03-5877-1111

過払い金請求・債務整理で人気!おすすめの事務所ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    ●相談料、着手金、初期費用がすべて無料

    ●過払い金の回収金額がNo1

    ●消費者金融が恐れる司法書士事務所

    ●全国に8ヶ所の事務所

    ●無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積8億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に7ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    ●過払い返還額累積8億円以上

    ●月の相談件数約500件

    ●全国に8ヶ所の事務所

    ●出張相談可能

    ●相談料・初期費用0円

    ●秘密厳守

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ
  • 司法書士法人みつ葉グループは大手の司法書士事務所の冷たい対応とは違って、親切丁寧に対応してくれて、24時間365日、土日祝日も相談できます。過払い金請求と任意整理を合わせて1年間で60万件以上対応しています。

    ●相談料0円

    ●24時間365日の相談可能

    ●全国どこでも対応

    公式サイトへ

関連記事