過払い金請求する時のデメリットとは?

過払い金請求する時のデメリットとは?

過払い金請求を行うと、払いすぎたお金が戻ってくるというメリットばかりをイメージする人も多いかもしれませんが、デメリットもあります。

過払い金請求をしたことによって新規の借入ができなくなったり、ブラックリストにのってしまったりするケースもあります。

また、自分で過払い金請求をおこなう場合と、弁護士などの専門家に依頼する場合のどちらにもデメリットは存在するのです。 そのため、自分にとって1番最適な方法はどれなのかを見極める必要があるといえるでしょう。

ここでは、過払い金請求によって起こる可能性があるデメリットについて紹介します。

完済しているならば過払い金請求をしてもデメリットはない

OZPA_kokoronouchideiine_TP_V

過払い金請求をしてしまうと、ブラックリストに載ってしまうのではないかという不安を持つ人もいるでしょう。

ブラックリストに載るとは、信用情報機関に情報が登録されて、新規の借り入れやクレジットカードが使えなくなることです。 返済中であれば、このブラックリストに載る可能性もあります。

ですが、完済している場合には信用情報に影響がないので、ブラックリストに載ることはありません。 借金を完済していれば、過払い金請求をすることに何のデメリットもありません。

完済後の過払い金請求の場合、取り戻せることが多いので弁護士や司法書士の着手金などの面で優遇されていることが多いです。

成功報酬で過払い金請求を依頼することもできますので、手持ちのお金がなくてもプロを雇うことができます。利息制限法を超えた金利で借り入れをしていたかを含めて、プロに調べてもらうこともできます。

返済中に過払い金請求する時はデメリットがあるので注意が必要

MAX87_sabisisounahyoujyou20140531_TP_V

ブラックリストに載ってしまう場合がある

そもそもブラックリストとは何なのでしょう。

クレジットカードを作ったり借入れや返済など、お金に関わるすべての情報は信用情報に載ります。信用情報を取り扱う機関はJICC・CIC・JBCの3つで、これらの機関に事故として記載されるのがブラックリストと言われるものです。

金融機関や保障会社だけでなく、個人でも照会ができるのが特徴です。

過払い金請求をする時のデメリットとして、借金を返済している途中で請求をすると任意整理という扱いになり、ブラックリストに載ってしまいます。信用情報機関が個人の返済能力を情報として載せているもので、銀行や貸金業者などの金融機関から借りたお金の返済が難しい人がリストに名前を挙げられることになります。

ただし、取り戻した過払い金で完済することができれば、任意整理の情報は削除されます。ですが、1円でも債務が残ってしまうと任意整理としてみなされ、ブラックリスト載ったママの状態になってしまいますので、注意が必要です。

賃金業者から新規借入が出来なくなる

借金の返済中に過払い金請求をすると、ブラックリストに載ってしまう可能性があることを挙げましたが、その大きなデメリットは新たな借入ができなくなることです。 銀行や貸金業者などは新たな借入れがあった時、信用情報機関で登録情報の確認を行います。

その際に事故情報として名前が記載された人に対しては、返済能力がないということで、借金の申し込みを受け付けることはありません。 借金の返済中に過払い金請求をすることは、新たな借入れができなくなると同時に、現在使用しているカードも使えなくなるという可能性もあります。

借金の残高がある場合、その支払いを一時的にストップして過払い金請求をすることは、それなりの覚悟が必要ということになります。

過払い請求を自分でするデメリットとは

DI_IMG_5783_TP_V

時間と手間がかかる

過払い金請求を自分で行って成功させるのには、いろいろな苦労があります。取引履歴を取り寄せるのにも、注意が必要だし、引き直し計算でも間違いが生じないように正確を期さなければなりません。

もし計算違いをすると、過払い金請求に支障が出ることもあります。その後、請求書を送り和解交渉が始まりますが、交渉自体がスムーズにいくとは限らず、そのための時間も十分に取っておかなくてはいけません。

もし和解交渉がまとまらなければ、裁判となりますが、書類の準備から裁判手続きなど、時間や手間がかかるものばかりです。一例をあげれば、裁判所へ平日に出廷する日にちをどうしても作る必要が出てきます。

このように自分で過払い金請求をするのには、いろいろなデメリットがあるのです。

取り戻すことができる金額が低くなる可能性がある

過払い金請求を自分で行う場合には、様々な点で難しいことも多いのですが、その一つが貸金業者との交渉です。

相手方は、弁護士や司法書士などの専門家がついていないと見ると、高をくくりゼロ和解を提案してきたり、なかなか交渉に応じようとしなかったり、返還を先延ばしにしたりといろいろな手で請求者を困らせます。

この中のゼロ和解は、債務残高と過払い金額を帳消しにしましょうという提案ですが、うっかり話に乗るともらえるべき過払い金を取り損ねてしまうことがあります。

したがって、しっかりと対応策を立てたうえで、相手方の意見に黙って従うことがないように自己主張を行うことが大事です。

家族に借金をしていたことが知られる可能性がある

過払い金請求をしても、すぐには家族にばれる恐れはないのですが、すべて自分で手続きを行っていくと、やがては周囲に知られていく可能性があります。

というのも、貸金業者からの答えが郵便で送られてくるからです。貸金業者の名前が書かれている封筒を見れば、それが借金に関するものであることは大体わかります。 電話での交渉をする場合にも、やり取りを聞かれてしまう場合があります。

交渉が短期間で終わり、それも自宅外での電話で済めば問題はないでしょうが、素人相手の話だと思うと貸金業者も簡単に決着をつけてくれません。 しかも、一回の通話が長引けば家族もどんなことが話題になっているのか、薄々気が付くでしょう。

専門家に任せれば一切の手続きをやってくれるので、誰にもばれずに話が進められますが、自分で行うとなるとなかなかそうもいきません。

これも自分で過払い金請求をする大きなデメリットの一つです。

返済中の場合は返済や督促が止まらない

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すると、貸金業者からの債務の返済督促を止めることができます

受任通知が貸金業者に送られ、それ以上は相手方も手を出せなくなります。きびしい請求が来て困った時にはとても助かる仕組みです。

ところが、自分で過払い金請求をするデメリットとして、貸金業者からの督促をやめさせることができません。 受任通知は、弁護士や司法書士だけに認められた権限なので、個人には適用されないのです。

現在債務がなければそれも問題にはなりませんが、もし債務が残っていると過払い金の返還手続きがどうであれそのまま督促が続きます。

したがって、貸金業者からの督促が嫌なら専門家の手を借りるしかありません。

過払い請求を専門家に依頼した場合のデメリットについて

TSU933_dokodemoohiru_TP_V

過払い金請求を弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、過払い金計算や請求書作成などの面倒な手続きを任せられる、貸金業者との交渉を有料に進められるなどのメリットが生まれます。 ただしメリットばかりではなく、お金がかかるというデメリットも存在します。

専門家に依頼した時に支払う費用は主に着手金、基本報酬、過払い金報酬の3種類です。

着手金の料金設定に関する具体的なルールは存在しないので、着手金無料の専門家もいれば、着手金が4万円以上の専門家も存在します。

基本報酬は過払い金請求が成功した時点で支払う費用、この基本報酬には日本弁護士会連合会と日本弁護士会連合会によって報酬の上限が設けられていて、相場は約2万円となります。

そして過払い金報酬とは回収した過払い金の一部を報酬として専門家に支払うことです。この過払い金報酬には和解で解決なら20%、訴訟で解決なら25%という上限が設けられています。

発生する費用として最も大きいのは過払い金報酬ですが、複数の貸金業者へ過払い金請求をする場合は着手金や基本報酬の負担が大きくなるので注意が必要です。

着手金も基本報酬も、基本的に請求する貸金業者の数に応じて料金が高くなります。 貸金業者の数によっては着手金だけで10万円を超える事も珍しくないので、着手金が安い事務所を探すなどの工夫も必要です。

過払い金請求はデメリットを考えてトータルで判断することが大切

AL001-1uchiawasecyuu20140830_TP_V

ブラックリストに載っても過払い金請求をした方が良い場合もある

過払い金請求の一番のメリットは、払い過ぎた利息が過払い金として戻って来る事です。しかし利息制限法で決まっていた上限金利である15~20%、そして出資法の上限金利29.2%の差分、つまりグレーゾーン金利で取引をしていたケースで発生します。

現在も借金を返済している場合でも、過払い金が発生しているならば、過払い金請求を行う事で、お金が返還されますから借金の返済に充てる事も可能です。

もし借金の残高以上に過払い金があるのでしたら、そのお金は手元に戻って来ます。返済のために新しくお金を借りる事を検討する必要もありませんから、過払い金の金額次第では借金完済の時間を大きく短縮する事も可能です。

ただしデメリットもあり、ブラックリストに載ってしまうと、賃金業者からお金を借り入れが出来なくなったり、クレジットカードが使えなくなったりしてしまいます。

しかし、借金の返済に困っているのであればブラックリストに載ってでも、過払い金請求を行い元本の減額をした方が支払いを楽になる場合があります。

そのまま延滞してしまってもブラックリストに載ってしまうので、どうせ載ってしまうのであれば完済が早くなる方を選ぶ方が良いケースもあります。

請求した賃金業者以外から借入はできる

過払い金請求のデメリットとして、返金を求めた貸金業者から新規でお金を借りることが難しくなる場合があります。

貸金業者によって対応は異なりますが、取引できなくなると考えたほうがよいでしょう。また、借金の返済中に過払い金請求をする場合も要注意です。

過払い金を差し引いても借金が残る場合は任意整理になるため、借りた業者以外からも(一定期間)新たな借金ができなくなります。 完済した状態での過払い金請求であれば、別の貸金業者との新規契約は可能なので安心してください。

過払い金請求のやり方は費用だけでなくトータルで考える

過払い金請求は特別な許可を得た専門家では無く、自分自身で行う事も可能です。過払い金請求を、弁護士のような専門家に依頼をすると大きな費用がかかる可能性があります。

そのため過払い金請求を自分でしようとしても、そのデメリットは少なくありません。過払い金請求を行う際には、お金を借りていた金融業者へ履歴開示請求や和解交渉、過払い金返還請求訴訟提起など、様々な手続きを行わなければならないので、時間や手間はかなりかかります。

貸金業者や裁判所とのやり取りについて、書面が自宅に届く事となりますから家族に借金がばれてしまう可能性も否定出来ません。

さらに金融業者も金融のプロですから、素人よりも法律的な知識も豊富ですし強気の交渉を行って来ますので、本来戻って来る筈の過払い金よりも不当に低い金額で和解を要求、あるいは払わないという事も考えられます。

トータルで考えると、自分で過払い金請求を行う場合には手間や時間もかかるし、下手をすると過払い金が減額するか戻って来ないリスクがあります。弁護士のような専門家に相談をする事で費用はかかるにしても、結果的に多くの過払い金が戻って来る可能性は高いです。

過払い金請求を行う場合、専門家に支払う費用だけに囚われず、トータルで考えてメリットが大きい方を選ぶ方が良いでしょう。

まとめ

C789_pentonotepc_TP_V

過払い金請求は既に借金を返済している場合、ブラックリストに載る心配はありません。 しかし、返済中に過払い金請求をして債務が残ってしまう場合は、ブラックリストに載ってしまいます。

自分で請求を行うときは時間や手間がかかるうえに、知識がないと返ってくる金額が少なくなる場合があります。また借金が家族にばれる、借金中の請求だと催促を頻繁にされてしまいます。

専門家に依頼して過払い金請求をした場合、費用はかかりますがこうした手間がかからずに過払い請求を取り戻すことができます。ですので、過払い金請求をする時は費用だけで考えず、トータルでメリットが大きい方法を選択するようにしましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事