クレジットカードを利用していた人も過払い金請求ができる理由

クレジットカードを利用していた人も過払い金請求ができる理由

クレジットカード会社に払いすぎてしまったお金を、過払い金請求によって取り戻せることがあります。 しかし、過払い金を請求するにはある一定の条件があります。

また、請求を一度すると、場合によっては二度と新しいクレジットカードを作れなくなってしまうリスクもある為注意が必要です。

クレジットカード会社に対する過払い金請求の仕組みや条件を説明し、請求する際のいくつかのデメリットやその注意点を詳しく紹介していきます。

過払い金請求の概要

bitcoinPAKU5907_TP_V

過払い金というのは簡単に言うと、グレーゾーン金利で発生した支払い過ぎた利息のことを言います。

利息制限法では上限の金利が20%と定められていますが、出資法の上限は29.2%と定められていたため、多くの貸金業者はその間の金利であるグレーゾーン金利を設定していました。

出資法に違反すると刑罰の対象となりますが、利息制限法には罰則規定がなかったことなどが関係しています。

過払い金請求ができる仕組みとしては、このグレーゾーン金利で取られていた利息は違法なので、後からでも返還を求めることができるということになります。

法律的には不当利得返還請求として扱われて、最後に取引をしてから10年が経過すると消滅時効にかかります。

貸金業者の側は旧貸金業法で定められていた「みなし弁済」にあたると主張していましたが、2006年の最高裁の判決により、それも否定されました。

そのため原則としてグレーゾーン金利で支払っていた利息は、過払い金請求をすることによって取り戻すことができるということになりました。

2010年には出資法と貸金業法が改正されたので、現在ではグレーゾーン金利の問題はほとんど起きなくなっています。

クレジットカードから過払い金請求できる条件

magnifier-1714172_960_720

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードには2つの機能があります。 それはショッピング機能とキャッシング機能です。

ショッピングは文字通り、クレジットカードを使って代金を支払うことです。キャッシングは、銀行やコンビニのATMで直接現金を引き出すことが出来る機能です。 なお、過払い金が請求できるのは2つの機能の内「キャッシング」の利用のみとなるので注意が必要です。

なぜショッピング枠では過払い金請求が出来ないかというと、飲食代や買い物は「借金」ではなく、カード会社に一時的に立て替えてもらっただけなので「立替金」扱いとなります。 したがって、そこで発生した利息は厳密には「手数料」とみなされるため「利息制限法」の対象外なので過払い金は発生しません。

したがって、クレジットカードでのキャッシングが「借金」にあたるため、そこでの利息は「利息制限法」の対象内となり過払い金請求が可能となります。

過払い金請求の対象かの目安として、キャッシングをした時期が2008年よりも前の場合、クレジットカードでのキャッシングをして要る場合、年利20%を超える利息を支払っている場合などがあります。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

過払い金請求は借金の返済時に支払う利息のうち、払い過ぎた分の返却を求める行為です。

借金の利息は法律で定められた金利に基づいて算出されますが、業者によっては法定金利を超えた金額の利息を設定する所があります。

債務者は法定金利を超えた金額を支払う必要は無いので、一定の年月まで遡って返却を要求することが可能です。

その一方で過払い金請求は現金の借り入れで生じる利息が対象になる点を注意する必要があります。

クレジットカードのショッピング枠を利用する際に生じる手数料は借金の利息と異なり、金額を規制する法律は存在しません。

ショッピング枠は商品購入などによる代金支払いを一時的にカード会社が肩代わりをするシステムです。 そのため、現金の借り入れには当てはまらないのが過払い金請求が出来ない理由です。

過払い金請求ができる主なクレジットカード会社一覧

plastic-card-1647376_960_720

キャッシング専門の貸金業者が行っているキャッシング以外にお金を借りる方法があります。それはクレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

クレジットカードというとショッピングで仮に金額を支払って後日利用者の銀行などの口座からショッピングで利用した分の金額が引き落とされる、という機能が知られています。

しかし、クレジットカードを所有してそのカードにキャッシング機能が備わっていれば、コンビニや銀行のATMで現金を借りることが可能です。

よって貸金業者以外で、クレジットカード会社にも過払い金請求の対象となっている会社がいくつか存在します。

しかしクレジットカードの過払い金請求の対象は、あくまでキャッシングを利用した履歴が対象なので、ショッピング利用の過去の履歴は貸金とはみなされず過払い金請求の対象にはなりません。

過払い金請求の対象となっている会社は、イオン、ニコス、セゾン、オリコ、アメリカンエキスプレス、セディナ、アプラス、ライフカード、ジャックス、ビュー、ポケット、ゼロファースト、新生、楽天KC、ニッセンイークレジットなどが対象の会社です。

なお、過払い金請求をしたクレジットカード会社は、過払い金を変換した時点でそのカードが利用できなくなるというデメリットがあります。

クレジットカード会社に過払い金請求をする時の4つの注意点

S20170330255314_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。 このうち、過払い金請求ができるのはキャッシング枠だけです。

ただ、過払い金請求をしたクレジットカードは、今後一切使えなくなるので注意が必要です。 これは、キャッシング枠ばかりでなくショッピング枠も同様の処分となります。

もし、携帯電話や光熱費の支払いに過払い金請求対象会社のクレジットカードを使っているのなら、早急に他の方法へ変更する必要があるのです。

それから、他社のカードについていうと、これは過払い金と債務の関係によって違ってきます。 過払い金によって債務を完済できれば、他社カードへは影響がありません。

もし債務の返済をしきれなければ、任意整理となり信用情報機関に事故情報として載ってしまいます。 そうなると、新たに他社のクレジットカードを作るのも難しくなります。

現在のカードはそのまま使えますが、更新時に問題となることもあるでしょう。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

過払い金請求をした場合のデメリットとして、ブラックリストに載ってしまうことが挙げられます。

ブラックリストに載るというのは、個人信用情報機関に債務整理として登録されることです。 この場合、新たにクレジットカードを作るのが難しくなります。

ブラックリストに載る前提は、個人信用情報機関に記録が残ることですが、残らないケースもあります。

記録が残らないケースは、完済している借入金の過払い金請求をした場合と、発生した過払い金を借入金の残額と相殺して完済した場合です。

一方で、記録が残るケースは、発生した過払い金を現在の借入金と相殺した結果、差額が発生してしまい、残額を分割払いとして利息をカットした場合です。

この場合、事故情報いわゆるブラックリスト情報として5年間記録が残ります。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

クレジットカードのキャッシング枠に過払い金請求をするのだから、キャッシング枠の債務をそれで完済できれば、問題がないだろうと考えたくなります。 しかし、現実にはショッピング枠の利用残高があると、過払い金の返還額がそちらにも充てられるのです。

キャッシング枠分の債務を返済し終わっても、ショッピング枠の利用残高の分に足りないと、マイナス状態となってしまいます。

これは、過払い金請求とは認められず、借金の減額とされ、任意整理扱いとなるのです。 そのためブラックリストに掲載されてしまいます。

一度ブラックリストに載ると、新たなローンが組みにくくなったり、クレジットカードを作成できなくなります。

ですから、クレジットカードの過払い金請求をする場合は、ショッピング枠の利用残高についても確認しておく必要があります。

キャッシング枠とショッピング枠は切り離すことができないので、その双方の利用額について頭に入れておかなければなりません。

もし債務が過払い金を上回れば、残高をどう返していくかも問題になります。 対象のクレジットカードは解約処分になるので、別の支払い方法を巡って司法書士などに検討してもらう必要も出てきます。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

過払い金請求をして個人信用情報機関に記録が残らない場合は、過払い金を請求したクレジットカード会社以外のカード会社であれば新たにクレジットカードを作ることができる可能性が高いでしょう。

過払い金請求をしたクレジットカード会社では、請求したという記録が半永久に顧客のデータベースに残りますので、新たにクレジットカードを作ろうとしても会社に不利益を与えた顧客として引っかかってしまい、審査を通る可能性は極めて低いと考えた方が無難です。

なお、新たにクレジットカードを作るときの審査の厳しさについては、カード会社の形態によって厳しい順に、銀行系、信販系、消費者金融系といわれています。

個人信用情報機関の事故情報として記録されてしまった場合には、記録が消えるまでの5年間はカードの発行は控えた方が良いでしょう。

過払い金請求をした後にクレジットカードを作れる条件とは

credit-card-1680347_960_720

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

過払い金請求を行った際には、クレジットカードを作れないと勘違いしている人が少なくありません。

過払い金請求を行った際に、債務が残ってしまった場合には、個人信用情報機関へ個人情報として登録されてしまうので、クレジットカードの審査通過は難しいでしょう。

しかし、借金を完済した状態で過払い金請求を行えば、自分のお金を取り戻しただけになるので、個人信用情報機関へ何も情報が登録されることはありません。

信用情報にキズが付かないわけですから、他社のクレジットカードへ申し込みをすれば、他の理由で信用情報にキズが付いていない限りは審査に通過するでしょう。

完済済みの状態で行った過払い金請求ならば、クレジットカードは作れます。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

クレジットカードのカードローンやキャッシング枠に対して、過払い金請求をすることはできます。

ただし、返済中にカード会社に過払い金請求してしまうと、過払い金で債務を全て返済できないとブラックリストに載ることになります。

この場合は過払い金請求ではなく、任意整理として扱われるために信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうのです。

ブラックリストに登録されると、他の会社のクレジットカードも作ることができない可能性が高くなります。 完済後であればこのようなことを避けられるので、過払い金請求は慎重に行う必要があるでしょう。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

過払い金請求を行った時に、債務が残らなければ他社のクレジットカード審査には影響ありません。

個人信用情報機関へ異動情報が登録されることはなく、信用情報に影響が無いからです。

しかし、過払い金請求を行った貸金業者や信販会社に対しては、社内情報として過払い金請求を行った事実は残り続けます。

過払い金請求は正当な権利ですが、貸金業者にとっては面倒な客という扱いとなるために、一度でも過払い金請求をした貸金業者とグループ会社のクレジットカードは、社内ブラックリストに登録されているために作れない可能性が高いです。

クレジットカードの会員審査は、各信販会社の独自基準に基づくので、過払い金請求を自社に対して行った人を会員審査に通さないことがあっても自由というわけです。

まとめ

credit-card-926862_960_720

今回、クレジットカードの利用に対して過払い金請求をする際の基礎知識やデメリットについて説明してきました。

まず初めに、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠のみが過払い金請求の対象となります。

もしクレジットカードに過払い金請求をした場合、そのカードが使用できなくなったり、ブラックリストに載ってしまいますので注意が必要です。

例えば、借金を全て支払った状態で過払い金請求を行ってもブラックリストには載りませんので、新しいカードを作ることができます。 しかしながら、借金返済中や過払い金請求をして債務が残ってしまう場合は債務整理として信用情報にマイナス情報が登録されてしまいます。

一度ブラックリストに載ってしまうと、5年から7年の間クレジットカードやローンの審査が通らなくなりますので、過払い金請求を考えている方は自分の債務状況をしっかり把握することが大切です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事